【2024年7月】ロボアドバイザー最強実績(利回り)比較ランキング!9社併用投資して検証

ロボアドバイザーに投資するなら、より実績が高い会社を選びたいですよね。

弊サイトでも実際に投資をしたり、公式サイトが公開している情報などを総合的に判断した結果、

おすすめと選び方
  • 初めてのロボアドバイザー投資or安定的な資産運用がしたい方
    ウェルスナビ
  • 相場の下落に強いロボアドバイザーを求めている方
    ROBOPRO
  • 高い利回りが期待できるロボアドバイザーを求めている方
    →Wealth Wing

と言えます。

この記事では、なぜこう言えるのかを実際に弊サイトで運用したロボアドバイザーの実績も踏まえて解説します。

目次

当記事は投資に関連する一般的な情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。実際に投資される際はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いいたします。

1. 一目でわかる!ロボアドバイザー比較ランキング表!

自動で運用してくれるロボアドバイザーの特徴が一目でわかる比較表を作成しました。

スクロールできます
ロボアド名ウェルスナビROBOPROWealth WingSUSTENTHEO楽ラップらくらく投資SBIラップ
AI投資コース
ON COMPASSダイワファンドラップオンライン
利用者数
※2023年12月末時点
38万人以上12万人以上
※SBIラップを含む
4000人以上4000人以上12万人以上5万人以上調査不可12万人以上
※SBIラップを含む
2万人以上17万人以上
最低投資額1万円10万円15万円1万円1万円1万円500円1万円1000円1万円
トータル手数料
(手数料+投資商品コスト)
年率1.2%程度年率1.1%のみ年率1.0%程度年率0.08~0.3%+成果報酬年率1.1%以上年率0.715%+信託報酬年率0.4915%年率1.0%程度年率0.9775%のみ年率1.2%以上
NISA対応×××××××
その他の要素手数料割引
税金最適化機能
手数料キャッシュバック(抽選)
AI投資
ANAマイルが貯まるdポイントが貯まる
下落抑制機能
税金最適化機能
税金最適化機能楽天クレジットカード決済可Vポイントが貯まる
下落抑制機能
実店舗で相談可能
ロボアドバイザーの比較表

まずは各公式サイトが公開している運用実績から見ていきましょう!

2. 【2024年6月時点】どれが最強?各10社の公式サイトが公開している運用実績で比較検証

まずは各社が公式で公開している運用利回りを比較しました。

比較検証まとめ
  • ウェルスナビ、5年以上の長期に渡り成績
  • 直近3年程度の中期ではウェルスナビ」「Wealth Wing」が成績
  • コロナショック時の下落幅は「ROBOPRO」が低かった

このことから、ウェルスナビは初めてロボアドバイザー投資を行う方にとって信頼感も持って利用できるサービスと言えます。

  • 高い利回りを期待したいなら「Wealth Wing」
  • 相場の下落に強いロボアドバイザーなら「ROBOPRO」

もおすすめです。

スクロールできます
サービス名過去6ヶ月過去1年過去3年過去5年サービス開始来
ウェルスナビ16.38%〜40.42%26%
〜61.82%
45.07%〜87.31%67.78%〜138.53%76.73%〜164.19%
ROBOPRO12.57%25.10%45.54%-84.80%
Wealth Wing15%程度20〜30%程度70〜90%程度-78.10%〜104.35%
THEO11.81%〜23.45%17.97%〜31.17%31.54%〜47.50%42.49%〜76.75%48.96%〜108.17%
楽ラップ3.64%〜12.72%5.65%〜21.40%1.40%〜28.70%16.34%〜72.76%25.79%〜121.75%
ON CONPASS1.26%〜18.63%0.94%〜31.32%-2.07%〜51.71%3.02%〜106.18%-2.03%〜133.25%
SUSTEN-1.88〜15.94%-3.87〜25.22%-18.36〜27.66%--22.07〜50.58%
SBIラップ AI投資コース12.70%23.02%--27.18%
SBIラップ 匠の運用コース9.20%---11.54%
らくらく投資5.63%〜35.16%5.17%〜22.38%-0.92%〜11.05%-調査中
※2024年5月末時点
備考

各公式サイトに掲載されている、ウェルスナビ運用パターン5通り、ROBOPRO運用パターン1通り、THEO運用パターン231通り、WealthWing運用パターン8通り、楽ラップ運用パターン9通り、ON CONPASS運用パターン8通り、SUSTEN運用パターン36通り、らくらく投資運用パターン5通りから最高値、最低値を引用して集計。

あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

<コロナショック時の最大下落幅>

ロボアドバイザー名2020年2月末〜3月末の下落幅
ウェルスナビ-18.82%
ROBOPRO-5.61%
THEO-8.29%
楽ラップ-15%程度
ON COMPASS-15%程度
備考

WealthWing、SUSTEN、らくらく投資、SBIラップはコロナショック以後の提供のため除外。

ウェルスナビについてはこちら

ROBOPROについてはこちら

<補足>なぜ、ロボアドバイザー毎に運用実績が違うのか?

実績を比較するとなぜロボアドバイザー毎に実績が違うのか気になると思います。

理由は選定している銘柄及びその銘柄を運用している資産配分(ポートフォリオ)が違うからです。

例えば、ウェルスナビでは海外ETF(海外の証券取引所で上場している投資信託)という金融商品を8銘柄活用し、下記のように資産を分け投資を行う運用戦略をとっています。

ロボアドバイザー毎に取り扱う銘柄や資産配分が異なるため、実績もバラバラになっています。

あらゆる景気に対応しながら
安定的なパフォーマンスを目指す

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

3. 【2024年7月更新】筆者が投資しているロボアドバイザー9社の実績を公開

マネとも中の人

ここからは実際に私が投資をしているロボアドバイザーの実績を公開していきます。

比較検証結果まとめ
  • ウェルスナビ、5年以上の長期に渡り成績
  • 直近1年〜3年程度の中期ではウェルスナビ」「Wealth Wing」が成績
  • コロナショック時の下落幅は「ROBOPRO」が低かった

<コロナショック時の下落幅>

ロボアドバイザー名2020年2月末〜3月末の下落幅
ウェルスナビ-12.33%
ROBOPRO-4.92%
THEO-13.22%
補足

Wealth Wing、らくらく投資、楽ラップ、SUSTEN、SBIラップ AI投資コース、SBIラップ 匠の運用コースにも投資していますが、それぞれ2020年3月以降に運用開始のため、該当なし

下記は実際に投資した実績推移です。

中の人の現在のウェルスナビの実績を表示する

ウェルスナビに6年投資してみた運用実績(2024年7月1日更新)

私は2017年11月に10万円からウェルスナビで投資を始めました。

毎月1万円(最初のうちは毎月2万円)を積立投資しています。

現在の投資元本(110万円)に対する運用実績は+82.49%(90万円以上の利益)

<私の現在の運用実績>

現在の資産配分(投資銘柄一覧)を表示する

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度
1月末56.74%34.57%34.56%18.04%8.50%-2.96%3.13%
2月末65.12%35.70%32.21%21.70%0.17%1.07%-0.06%
3月末71.41%34.76%38.81%28.40%-12.16%1.10%-3.96%
4月末74.02%39.41%41.54%31.24%-4.62%4.21%0.01%
5月末77.96%40.13%35.74%34.19%-0.64%-3.14%0.01%
6月末82.18%49.18%33.65%34.85%2.21%1.55%-0.01%
7月末運用中52.98%36.46%33.62%5.18%1.76%2.78%
8月末51.32%35.83%35.83%9.93%-1.11%2.78%
9月末47.80%28.48%31.77%6.08%1.18%3.21%
10月末45.45%37.11%39.69%3.30%5.11%-4.60%
11月末52.66%39.68%36.31%13.10%6.71%-1.62%1.29%
12月末52.61%26.93%40.44%16.89%8.26%-9.60%2.91%

私の実績推移まとめ
  • 運用開始から3年(36ヶ月)のうち、月末実績がマイナスだったのは12回あった
  • 運用開始から4年目以降は元本割れなし
  • 結果として年率平均利回り約12%以上

当情報は個人的な運用成果であり、運用コースごと(ウェルスナビには5通りの運用コースがあります)に運用成果が変わります。また、過去の実績であり将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

一時的な損失はありましたが、続けることで、大損や失敗することなく好調な運用パフォーマンスとなっています。

ウェルスナビの診断結果、リスク許容度5」が提案されました。

リスクを取りつつ、高いリターンを期待する運用方針です。こちらに投資しています。

中の人の現在のロボプロの実績を表示する

ROBOPROに4年投資してみた運用実績(2024年7月1日更新)

私はROBOPROサービス提供開始の翌日(2020年1月16日)から最低投資金額の10万円で投資を始めました。

その後、積立機能が実装されたので、2021年6月から毎月1万円をコツコツと積立投資をしていきました。

現在の投資元本(62万円)に対する運用実績は、+40.9%(25万円以上の利益)です。

<私の現在の運用実績>

現在の資産配分(投資銘柄一覧)を表示する

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度2020年度
1月末26.8%18.05%15.60%9.04%-1.18%
2月末29.9%17.80%16.23%9.79%-2.87%
3月末33.7%18.4%22.67%13.28%-7.79%
4月末36.5%20.6%21.69%17.34%-3.33%
5月末37.4%21.2%18.17%20.15%-0.06%
6月末40.9%25.4%17.41%17.65%0.66%
7月末運用中25.8%22.54%16.92%3.90%
8月末26.7%20.4%17.00%2.99%
9月末23.9%16.9%14.13%1.43%
10月末24.4%24.1%19.52%1.24%
11月末28.3%20.5%16.64%2.38%
12月末24.4%13.3%16.75%5.15%

私の実績推移まとめ
  • 最初の5ヶ月間だけマイナス
  • 5ヶ月目以降は一切元本割れすることなく常に安定した運用
  • 結果的に年率平均利回り約10%

あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

私は年率4%以上の利回りを期待してROBOPROに投資しているので、期待通りの運用成果です。

AI投資と聞いて不安がありましたが、かなり安定的に利益を出してくれます

中の人の現在のウェルスウイングの実績を表示する

ウェルスウイングに1年投資してみた運用実績(2024年7月1日更新)

私は2022年12月20日に15万円からウェルスウイングで投資を始めました。

毎月1万円をコツコツ積立投資しています。

現在の投資元本(33万円)に対する運用実績は、+22.5%(7万円以上の利益)です。

<私の現在の運用実績>

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度
1月末19.5%3.9%
2月末21.0%9.7%
3月末20.4%4.6%
4月末20.5%5.7%
5月末18.5%5.8%
6月末22.6%12.7%
7月末運用中14.8%
8月末17.8%
9月末9.3%
10月末8.6%
11月末12.7%
12月末11.3%-0.8%
私の実績推移まとめ
  • 運用開始から1ヶ月目のみマイナス
  • 運用開始から2ヶ月目以降は元本割れなし
  • 結果として、年率平均利回り約15%以上

あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

投資を開始するタイミングが良かったので好成績ですが、今後相場の調整はあると思います。

例えば、2023年8月末〜2023年9月末の運用成績は-8%となっており、ある程度の値動きはあります。

期待通りの運用成果が出ているので続ける予定です。

私は年利6%以上を期待してウェルスウイングに投資しています。

中の人の現在のTHEOの実績を表示する

THEOに5年投資してみた運用実績(2023年10月末運用停止)

私は2017年の11月、10万円からTHEOを始めました。

最終運用実績は、2023年10月27日時点で+16.99%でした。

<過去の運用実績一覧表>

スクロールできます
2023年度2022年度2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度
1月末17.45%19.16%10.90%6.41%-3.52%1.01%
2月末17.35%18.69%
※運用停止
13.63%-0.86%0.11%-2.21%
3月末17.05%-17.38%-14.08%0.49%-4.20%
4月末17.02%-19.13%-8.49%3.05%-1.24%
5月末17.26%-20.21%-6.04%-1.74%-1.21%
6月末17.95%-19.16%
※積立停止
-3.90%0.57%-0.83%
7月末18.06%-18.81%-1.93%1.69%1.01%
8月末17.84%18.44%
※運用再開
19.50%2.72%-1.69%0.96%
9月末17.55%18.04%19.11%0.22%1.66%3.05%
10月末運用停止18.02%21.12%-1.61%5.14%-3.75%
11月末17.87%21.06%7.03%7.29%-1.52%0.85%
12月末17.21%22.17%7.96%8.26%-7.89%2.21%

当情報は個人的な運用成果であり、運用コースごと(THEOには231通りの運用コースがあります)に運用成果が変わります。また、過去の実績であり将来の運用成果を保証するものではありません。

THEOの診断結果、グロース68%・インカム24%・インフレヘッジ8%の運用コースが提案されました。

10万円を入金し、毎月2万円を積立投資していましたが、途中からは月1万円の積立投資に変えました。

2022年2月から運用を一時的停止していましたが、2022年8月からTHEOグリーンモード(グロース100%に設定)にて運用を再開しました。

しかし、2023年10月末に運用を完全停止しました。

中の人の現在のらくらく投資の実績を表示する

らくらく投資に3年投資してみた運用実績(2024年7月1日更新)

私は2021年6月に500円から投資をし、毎月500円を積立投資しています。

現在の運用実績は+20.49%です。

<私の現在の運用実績>

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度
1月末11.94%-2.43%-0.14%
2月末14.16%1.92%-1.55%
3月末16.86%-1.66%3.84%
4月末15.73%-0.25%-0.60%
5月末17.73%1.99%-1.30%
6月末20.75%6.25%-4.40%0.23%
7月末運用中7.42%-0.06%0.60%
8月末7.20%-1.15%2.10%
9月末3.88%-6.60%-0.20%
10月末0.99%-1.31%4.10%
11月末7.02%-1.67%3.56%
12月末9.38%-5.54%5.83%
現在の資産配分(投資銘柄一覧)を表示する
私の実績推移まとめ
  • 運用開始から2年以内はマイナスになることが多々あった
  • 運用開始から2年目以降は元本割れなし
  • 結果として、年率平均利回り約6%

当情報は個人的な運用成果であり、運用コースごと(らくらく投資には5通りの運用コースがあります)に運用成果が変わります。また、過去の実績であり将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

2023年までは晴れ晴れしない運用リターンでしたが、2024年度は比較的好調だと感じます。

らくらく投資の診断結果、「しっかりコース」が提案されました。

しっかりコースは大部分を株式で運用し、長期的な運用で世界の株式市況に沿った運用成果を期待する方針です。当運用コースに投資しています。

中の人の現在の楽ラップの実績を表示する

楽ラップに2年投資してみた運用実績(2024年7月1日更新)

私は2021年9月に楽ラップに1万円を投資を始めました。積立投資はしていません。

現在、投資元本1万円に対して運用実績は+2.83%です。

<私の現在の運用実績>

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度
1月末-2.25%-6.50%-2.27%
2月末データ不足-7.85%データ不足
3月末1.11%-6.47%-2.22%
4月末-0.35%-6.02%-3.67%
5月末0.57%-4.46%データ不足
6月末2.83%12.7%データ不足
7月末運用中-4.67%データ不足
8月末-4.56%-4.99%
9月末-6.63%データ不足-0.99%
10月末-7.40%データ不足0.85%
11月末-4.48%-6.77%データ不足
12月末-3.23%-8.59%1.59%

※情報を収集できていなかった時期は「データ不足」と記載しています。

私の実績推移まとめ
  • 運用開始からずっとマイナスが続いていた
  • 2024年4月になってプラスに戻った
  • 不調の大きな要因は円安

当情報は個人的な運用成果であり、運用コースごと(楽ラップには9通りの運用コースがあります)に運用成果が変わります。また、過去の実績であり将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

楽ラップが不調な理由は円安の影響を受けているからです。

楽ラップは為替ヘッジを行っています

今後、円高になることがあれば楽ラップの強みが生きてくる可能性があります。

為替ヘッジとは

為替の影響を加味して、資産の円とドルなどの外貨の運用比率を調整する運用手法。円高になっても資産の減りが少なくなる傾向があるが、円安の場合相対的に目減りしてしまう傾向にある。

楽ラップの投資銘柄と為替ヘッジ銘柄を見る
  • ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
  • たわらノーロード 国内株式<ラップ専用>
  • ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープ
  • たわらノーロード 先進国株式(為替ヘッジなし) <ラップ専用>
  • ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン(為替ヘッジあり
  • たわらノーロード 先進国株式(為替ヘッジあり) <ラップ専用>
  • ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン
  • たわらノーロード 新興国株式<ラップ向け>
  • たわらノーロード 新興国株式<ラップ専用>
  • ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン
  • たわらノーロード 国内債券<ラップ専用>
  • ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン
  • たわらノーロード 外国債券(為替ヘッジなし) <ラップ専用>
  • ステート・ストリート米国社債インデックス・オープン2
  • ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン (為替ヘッジあり)
  • たわらノーロード 外国債券(為替ヘッジあり) <ラップ専用>
  • ステート・ストリート米国社債インデックス・オープン (為替ヘッジあり)
  • 楽天・米国社債1-5年インデックス(為替ヘッジ) ファンド(ラップ向け)
  • 楽天・米国社債5-10年インデックス(為替ヘッジ) ファンド(ラップ向け)
  • 楽天・USハイイールド社債インデックス(為替ヘッジ あり)ファンド(ラップ向け)
  • ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン
  • たわらノーロード <ラップ専用> たわらノーロード たわらノーロード たわらノーロード
  • 新興国現地通貨建債券
  • 国内リート<ラップ専用> 先進国リート<ラップ向け> 先進国リート(為替ヘッジなし)<ラップ専用>

楽ラップの診断結果、やや積極型-DRCあり(運用コース番号:1000700)」が提案されました。

資産の保全を図りつつ、攻めたい方向けの運用コースです。こちらに投資しています。

中の人の現在のSUSTENの実績を表示する

SUSTENに3年投資してみた運用実績(2024年7月1日更新)

私は2021年2月に10万円からSUSTENで投資を始めました。

現在の投資元本(10万円)に対する運用実績は、-19.14%です。

<私の現在の運用実績>

現在の資産配分(投資銘柄一覧)を表示する

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度
1月末-20.72%-24.95%-12.31%
2月末-20.65%-25.59%-14.86%-2.32%
3月末-18.72%-25.59%-15.17%-0.53%
4月末-21.82%-23.59%-15.33%0.99%
5月末-22.09%-24.31%-17.19%1.38%
6月末-18.88%-24.59%-22.61%0.47%
7月末運用中-23.75%-18.73%0.74%
8月末-24.04%-21.99%1.40%
9月末-27.31%-27.67%
※ポートフォリオ変更
-2.32%
10月末-30.45%-25.51%-5.74%
11月末-24.88%-25.93%-3.58%
12月末-21.87%-28.07%-6.22%
私の実績推移まとめ
  • 運用開始から6ヶ月目までは実績がプラスであった
  • 6ヶ月目以降は、債券市場の下落もありマイナスに
  • 2022年9月に行ったポートフォリオ変更からは回復傾向

当情報は個人的な運用成果であり、運用コースごと(SUSTENには36通りの運用コースがあります)に運用成果が変わります。また、過去の実績であり将来の運用成果を保証するものではありません。

2021年当初はSUSTENの強みである

  • グローバル複合戦略ポートフォリオ(Green)100%

で運用を開始しましたが、米国の利上げの影響による債券市場の下落もあり一時大きな損失となりました。

そのため、株式の値上がりによる早期回復を期待し、2022年9月から「グローバル資産分散ポートフォリオ(Red)」の比率を高めたヘッジファンドタイプで運用しています。

このポートフォリオの変更が幸いし、2022年9月以降の運用成績は+3%となっています。

マネとも中の人

私の経験からSUSTENで運用する際は、グローバル資産分散(R)が含まれたポートフォリオの方が好成績を期待できるかもしれません。

中の人の現在のSBIラップAI投資コースの実績を表示する

SBIラップAI投資コースに1年投資してみた運用実績(2024年7月5日更新)

私は2022年9月にSBIラップ(AI投資コース)に1万円を投資をしてみました。

積立投資はしていません。

現在の投資元本(1万円)に対する運用実績は、+29.65%です。

<私の現在の運用実績>

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度
1月末11.95%-0.53%
2月末16.11%0.23%
3月末19.67%-0.97%
4月末21.50%-0.33%
5月末24.50%2.82%
6月末27.63%8.04%
7月末運用中8.45%
8月末10.20%
9月末8.69%-2.45%
10月末9.37%1.31%
11月末11.47%1.78%
12月末10.45%13.3%
私の実績推移まとめ
  • 運用開始から7ヶ月目まではマイナスがあったが
  • 運用開始から8ヶ月目以降は一切元本割れすることなく
  • 結果として、年率平均利回り約13%

あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

私は年率4%以上の利回りを期待してSBIラップAI投資コースに投資していますが、現状は期待通りの運用成果

AI投資と聞くと不安感がありましたが、実際はかなり安定的に利益を出してくれています。

中の人の現在のSBIラップ匠の運用コースの実績を表示する

SBIラップ匠の運用コースに1年投資してみた運用実績(2024年7月5日更新)

私は2023年7月にSBIラップ(匠の運用コース)に1万円を投資をしてみました。

積立投資はしていません。

現在の投資元本(1万円)に対する運用実績は、+16.06%です。

<私の現在の運用実績>

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度
1月末5.82%
2月末8.71%
3月末11.47%
4月末9.38%
5月末11.61%
6月末16.06%
7月末運用中0.12%
8月末1.04%
9月末-1.80%
10月末-3.64%
11月末2.06%
12月末4.17%
私の実績推移まとめ
  • 運用開始から5ヶ月目まではマイナスがあったが
  • 運用開始から6ヶ月目以降は一切元本割れすることなく
  • 結果として、年率平均利回り約15%

あくまで過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

マネとも中の人

私は年率4%以上の利回りを期待してSBIラップ匠の運用コースに投資していますが、期待通りの運用成果となっています。

現状年率リターンでは、AI投資コースよりパフォーマンスが好調です。

検証投資の実績からも

おすすめと選び方
  • 初めてのロボアドバイザー投資or安定的な資産運用がしたい方
    ウェルスナビ
  • 相場の下落に強いロボアドバイザーを求めている方
    ROBOPRO
  • 高い利回りが期待できるロボアドバイザーを求めている方
    →Wealth Wing

と言えます。

ウェルスナビについてはこちら

ROBOPROについてはこちら

あらゆる景気に対応しながら
安定的なパフォーマンスを目指す

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

4. 実績比較でわかったロボアドバイザーで利益を出すためのポイント!併用の利点も解説

ここまで公式が公開している実績や弊サイトが実際に投資しているロボアドバイザー実績を比較してきました。

総合的に判断すると、ウェルスナビやROBOPRO、Wealth Wingが優秀な運用実績と言えますが、過去の運用実績より重要なポイントは、どの様にしたら今後も確実に利益を期待できるかどうかです。

これらを踏まえて、ロボアドバイザー投資にて利益を上げるポイントについて解説します。

運用ポイント一覧
  1. 長期で運用するほど運用実績が高くなる傾向にある
  2. 一括投資よりも積立投資推奨
  3. 併用して運用することでより安定的な資産運用を期待できる

① 長期で運用するほど運用実績が高くなる傾向にある

公式サイトや弊サイトのロボアドバイザーの実績を見てみると、運用期間を長くした方が運用実績が良い傾向にあることがわかりました。

マネとも中の人

これから投資される方は基本的には長期投資(5年程度〜)を前提として、1,2年の期間で実力を判断しないようにしましょう。

ロボアドバイザー運用開始時期(降順)トータル運用実績
ウェルスナビ2016年1月〜+58.80%〜125.32%
THEO2016年3月〜+37.48%〜+90.76%
ON CONPASS2016年6月〜-2.77%〜+100.43%
楽ラップ2016年7月〜+23.74%〜+100.17%
ROBOPRO2020年1月〜+60.49%
らくらく投資2020年7月〜-5.00%〜19.3%
SUSTEN2020年10月〜-32.70%〜33.15%
Wealth Wing2020年10月〜+約46%〜77%
SBIラップ2022年4月〜+12.25%
※2023年12月末現在

② 一括投資よりも積立投資推奨

私の運用経験から、ロボアドバイザー投資において、積立投資をおこなった際は、運用実績が比較的早くプラスになる傾向にありますが、一括投資の場合はマイナスの状態が続くことがわかりました。

なぜなら、一括投資をした場合おいては、投資時期が実績を大きく左右するからです。

マネとも中の人

例えば、コロナショックで相場が悪い時に始めていれば、今では高い運用実績になっていたかもしれませんが、当時その後の相場を予測できたかと言われると難しいです。

そこで、おすすめするのは積立投資です。

積立投資には次のようなメリットがあります。

積立投資のメリット
  • 少額からコツコツと投資できる
  • 購入タイミングに悩む必要がない
  • 購入価格(平均取得購入)を低く抑える効果がある
  • 為替相場の影響を抑える効果がある

特に重要なのが、購入価格(平均取得購入)を低く抑える効果がある点

安い時にも買うので、それがプラスに作用して、一括投資で投資時期を間違えた時より早くプラスに戻ります。

実際に弊サイトも積立投資を行なったロボアドバイザーではプラスへの戻りが早かった特徴があります。

③ 併用して運用することでより安定的な資産運用を期待する

優秀なロボアドバイザー投資にも懸念点があります。

懸念ポイント
  • ウェルスナビ →安定して好成績だが、リターンが少々物足りない場合もある。
  • ROBOPRO →下落には強いが、上昇局面でウェルスナビに負ける時もある。

そこで、例えばROBOPROをウェルスナビと併用投資することで、安定的な資産運用を期待できる可能性があります。

実際に筆者もこれを期待して併用投資を行っています。

この根拠は、ウェルスナビが株式中心の資産配分を提供している中、ROBOPROは全く別の運用方針をとっている点にあります。

 ROBOPROの2024年7月の資産配分と運用方針

今月のROBOPROの資産配分は、「債券、金、不動産」のみに投資した資産配分となっています。

今月の運用方針の総評

米国債券と金を計5割保有し警戒感を高めながらも、不動産の反発に期待している。

ROBOPROウェルスナビ
※リスク許容度5
米国株0%39.0%
日欧株0%33.9%
新興株0%12.1%
債券29.1%5.0%
22.9%5.0%
不動産47.8%5.0%
ROBOPROの直近6ヶ月の投資配分の推移を見る

市況の変化に合わせるために、ROBOPROは投資配分の変更を基本的に月一回行っています。これによって、今の相場に最適なポートフォリオ(投資配分)に更新されます。

実際、不動産資産は年初来上昇基調を続ける株式と比較して割安感が相対的に高まっています

理想的な資産運用に対する考え方

安定的に資産形成をするために理想的な資産運用は下記と考えています。

理想的な資産運用
  • 景気が悪い場合、リスクの低い資産(債券・金)を増やし資産の下落を抑制する
  • 好景気の場合、リスクの高い資産(株・不動産)を増やしっかり上昇の波に乗

そのため、株式市場がいつも好調でないことを考慮し、株式中心のウェルスナビと、異なった運用アプローチを行うROBOPRO」を併用することで

  • 下落局面で資産の下落を抑制しつつ、
  • 上昇局面でも好リターンを期待でき、
  • 結果として、安定的な資産運用ができる

可能性があると考えます。

あくまで個人の考えであり、当運用手法は将来の運用成果を保証するものではありません。

どのように併用を開始したらいい?

ロボアドバイザーで資産形成を行う上では、基本的に

  • 毎月お金のやりくりがしやすい
  • 高値掴みリスクを軽減させる効果がある

という特徴がある積立投資がオススメな投資手法です。

しかし、最初から両方に積立投資をするのは金銭や心理的に厳しい方も多いと思います。

個人的におすすめするのは下記の方法です。

おすすめの始め方
  1. ROBOPRO・・・一括投資(最初に投資して積立投資を行わない運用手法)を少額から始め、とりあえず様子を見る
  2. ウェルスナビ・・・資産形成のベースを作るために積立投資を毎月1万円〜行う

ROBOPROで、はじめは積立投資をしなくてもいいと考える理由として、積立投資を行わなくても、資産配分を相場に合わせて組み替えるので、下記メリットが期待できるからです。

  • 他の投資との分散効果を常に期待できる
  • 一括投資でもある程度の運用実績が期待できる

後者に関しては実際、積立投資をしていなかった方がリターンが見込めた事実があります。

マネとも中の人

私はROBOPROのサービス開始から積立投資をしていますが、実際は積立投資をしていた場合より、一括投資をした方が運用実績は好調でした。

<より詳しく知りたい方向けの参考記事>

あらゆる景気に対応しながら
安定的なパフォーマンスを目指す

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

ロボアドバイザー実績まとめ

今回の記事では、ロボアドバイザーの実績についてまとめました。

徹底的な比較と弊サイトの独自の検証結果から、総合的におすすめできるロボアドバイザーはウェルスナビとROBOPRO、Wealth Wingです。

おすすめと選び方
  • 初めてのロボアドバイザー投資or安定的な資産運用がしたい方
    ウェルスナビ
  • 相場の下落に強いロボアドバイザーを求めている方
    ROBOPRO
  • 高い利回りが期待できるロボアドバイザーを求めている方
    →Wealth Wing

また、例えばウェルスナビとROBOPROを併用させる投資手法があることもご紹介しました。

当記事が参考になれば幸いです。

ウェルスナビについてはこちら

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

ROBOPROについてはこちら

あらゆる景気に対応しながら
安定的なパフォーマンスを目指す

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

免責事項

本サイトにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。情報の掲載にあたっては品質管理に努めておりますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。金融商品及びサービスの最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。金融商品取引を行う際は、お取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等の書面の内容をしっかりお読みいただき、商品の特徴やリスク、取引の仕組み、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の判断と責任にて行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

感想等をシェアしていただけると幸いです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次