【危ない】ソーシャルレンディングで大損?失敗しないためのリスク回避策を紹介

ソーシャルレンディング(別称:融資型クラウドファンディング)は、クラウドファンディング形式で集めたお金を企業に融資する(お金を貸す)ことで、

  • 株のように値動きがなく
  • 予め設定された固定の運用期間で
  • 固定のリターン(利回り)を得られる

金融サービスの総称です。

しかしながら、出資先の案件を間違えると大損してしまうリスクもあります。

この記事では、「ソーシャルレンディングが危ないと」と言われる理由を説明した上で、どのようにすれば損失リスクを軽減できるのかを実際に投資している私が解説。その上で、おすすめの事業者を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

当記事は投資に関連する一般的な情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。実際に投資される際はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いいたします。

1.ソーシャルレンディングの仕組みと特徴

投資家はソーシャルレンディング(別称:融資型クラウドファンディング)に投資することで、下記の仕組みでリターンを得ることができます。

  1. お金を借りたい企業をソーシャルレンディング事業者が募る。
  2. ソーシャルレンディング事業者は運用期間と利回りが記載された案件を組成する。
  3. 案件の情報を頼りに投資家は投資を行う。
  4. 融資を受けた企業から返済された元本と利息が投資家に分配される。

株式投資などの一般的な投資との違いについて

融資型クラウドファンディング値動きがある一般的な投資
(株式投資・投資信託・FXなど)
利回りの決定要因貸付金利価格の値動き
価格の値動きなしあり
貸し倒れリスクありなし

ソーシャルレンディングが一般的な投資(株式投資や投資信託、FXなど)と大きく違う点は下記にあります。

  • 利回りの決定要因
  • 投資家が許容すべきリスク

一般的な投資では、ある程度の値動きを投資家が許容し、それに応じた期待リターンを享受できます。しかし、値動きが大きければ大きいほど、利益を得られる可能性も高まりますが、損失する可能性も高まります。

一方で、ソーシャルレンディングは融資なので、案件における企業への貸付金利が高いほど、投資家は高い利回りを得られます。しかし、融資を受けた企業は貸付金利以上のリターンを事業で成果として出す必要があるため、貸し倒れリスクも同時に高まります

貸し倒れとは

貸したお金と同額が返ってこないこと。

投資家は投資する案件の貸し倒れリスクを許容できたら、”価格の値動きに影響されない”安定した収益(分配金)を得ることができます。

成長企業に直接投資することで好リターンを期待できる

そもそも融資を受けようと思っている企業はビジネスを伸ばしたいと考えているはずなので、ソーシャルレンディングを通して成長企業に直接投資を行い、その利益の果実を直接獲得できるというメリットがあります。

一般的に、成長企業に直接投資を行おうと思うと、

  • 上場している企業の株を買う
  • 広い人脈や独自のルート(コネ)を活用する

という方法しかありませんでした。

しかし、有望な成長企業に直接投資ができれば、ビジネスの成功を受けて、結果として好リターンを期待できる側面もあります。

2.ソーシャルレンディングのリスク!危ないと言われる理由

ソーシャルレンディングは投資家にとってメリットがある投資ですが、独自のリスクも潜んでいます。

そこで、ソーシャルレンディングが危ないと言われる所以であるリスクについて解説していきます。

主なリスク一覧
  1. 事業者リスク
  2. 貸し倒れリスク
  3. 為替リスク

(1)事業者リスク

ソーシャルレンディング事業者が倒産した場合、元本を毀損する可能性があります。

そのため、投資する際は運営会社の信用力を確認する必要があります。

実際に、過去に事業者の不健全な運営が原因による不祥事(投資家の元本毀損事例)も発生しています。

過去の不祥事例
  • 事業者1:みんなのクレジット
    →投資家の資金を不正に流用させた。業務停止命令を受ける。
  • 事業者2:maneoマーケット
    →仲介業者「グリーンインフラレンディング」が投資家から集めた資金を不正利用。管理体制不十分として行政指導を受ける。
  • 事業者3:SBIソーシャルレンディング
    →融資を受けたベンチャー企業が資金を不正利用。SBIソーシャルレンディングは独自に廃業。

事業者が破綻もしくは営業を停止した場合、元本の回収は非常に困難(もしくは、元本償還が長い期間遅れる)となります。

マネとも中の人

現在はサービス内容の透明化の動きが盛んになってきているものの、依然として気をつけるべきポイントです。

(2)貸し倒れリスク

貸し倒れリスクとは、融資先の企業が返済を遅らせたり、経営破綻(倒産)して返済できなくなって、出資したお金が回収できない(元本割れ)リスクです。

これを防ぐ施策して案件ごとに担保や保証がついているものもありますが、担保や保証分では足りず、結果として元本が毀損する可能性があります。

そのため、投資する前に貸し倒れリスクがないかどうかしっかり案件を精査する必要があります。

(3)為替リスク

ソーシャルレンディングには、国内の企業に融資を行う案件の他にも海外の企業に融資を行う案件もあります。

基本的に海外の案件の投資する場合は、まず円をドルなどの外貨に交換し、外貨で運用を行い、外貨を円に変えて投資家に返還します。

外貨で運用を行う案件では、常に為替相場の変動リスクがあります。そのため運用が上手くいっていても、為替の影響で元本を毀損する可能性があります。

よって、投資家は海外の案件に投資する場合、どの通貨で運用されるかをチェックし、円とその通貨の為替変動を確認しておく必要があります。

ソーシャルレンディング危ないの理由は「事業者リスク」にあり

ここまでソーシャルレンディングのリスクを解説しました。

下記は、融資という特徴上のリスクです。そのため、複数の案件や国に分散投資を行うことで、ある程度リスクを分散させることができます。

  1. 貸し倒れリスク
  2. 為替リスク

つまり、ソーシャルレンディング危ないと言われる所以の多くは「事業者リスク」にあります。

ソーシャルレンディング事業者が破綻した場合、最悪その事業者で投資をしている全案件で元本毀損や元本償還の遅延が発生する可能性があります。

そのため、ソーシャルレンディングでは信用できる事業者を選ぶことが最重要です。

3. ソーシャルレンディングで大損しないために!リスク管理のポイントを解説

これからソーシャルレンディングへの投資を検討されている方向けに”押さえておくべきリスク管理のポイント“をご紹介します。

リスク管理のポイント一覧
  1. 信用できる事業者であるかを確認する
  2. ファンドの情報をしっかり事前に確認する
  3. 担保の確認を行う
  4. 1案件にまとめて投資は避け、資金を複数の案件に分散させる
  5. 利回りが過度に高い案件は避ける
  6. ファンドの運用期間は短期の方が安心できる
  7. 他の事業者も利用して、事業者リスクを分散させる
  8. 余裕資金で投資をする

ポイント1:信用できる事業者であるかを確認する

ソーシャルレンディング投資では事業者の選定が重要です。

まず最初に、確認すべき事項は、「第二種金融取引業者」であるかどうかです。

そもそもソーシャルレンディング事業を営むためには第二種金融商品取引業のライセンスが必要です。このライセンスがない場合は法律違反です。

加えて、下記項目にも注目するといいでしょう。

確認すべき事業者の項目
  • 行政処分(業務改善命令)の有無
    →過去に行政処分が行われた事業者は注意が必要
  • 過去のファンドの件数と融資総額
    →ファンドの件数と融資総額は多いほど、歴が長く多くのノウハウがあると推測できる
  • 貸し倒れ+遅延件数
    →貸し倒れ及び遅延は少ないほどよい。遅延に関しては遅延後どのくらいで元本が返ってきたのかも重要。短いほどよい。
  • 平均利回り
    →リスクとリターンは表裏一体ですので、平均利回りが低いほど元本償還の確率は高くなります。しかし、平均利回りが高くても、貸し倒れ及び遅延件数がゼロの事業者は評価できます。

また、弊サイトは少しでも投資家の投資判断の安心材料となればという想いで実際に事業者取材を行っています。

気になっているソーシャルレンディング事業者がある場合はぜひご活用ください。

ポイント2:案件(ファンド)の情報をしっかり事前に確認する

各ソーシャルレンディングプラットフォームでは、事前にファンドの詳細情報を閲覧できます。

まず、投資先の財務状況が見れない案件には投資しないのが賢明です。

加えて、下記にチェックポイントの一例を記載したので、参考程度にご確認ください。

財務チェックポイント一例
  • 純資産の総額が多い(貸借対照表で閲覧可)
  • 流動資産に対して、流動負債と固定負債が少ない(貸借対照表で閲覧可)
  • 利益が毎年黒字である(損益計算書で閲覧可)

※あくまで参考項目です。これから項目にも融資先企業の公式ホームページを確認するなど、総合的な情報をもとに投資判断を行なってください。

もちろん、案件の事業(プロジェクト)が失敗した場合は、別途元本毀損が発生する場合もありますが、このように財務を事前に見ておけば、元本毀損の可能性を事前に減らすことは可能です。

マネとも中の人

個人的な意見ですが、ジャンルも結構重要だと思っており、特に太陽光発電とギャンブル(パチンコ)関連は不祥事が多い傾向にあり、避けるのが賢明かもしれません。

ポイント3:担保や保証の確認を行う

案件によっては担保や保証付の案件もあります。

担保の場合は、どのくらいの担保率かを確認しましょう。

基本的に、募集総額に対して、担保評価額が100%以上であると良いでしょう。

保証に関しては、連帯保証となっている会社の数が多いほどよいでしょう。

マネとも中の人

しかしながら、担保及び保証については、融資先企業の倒産状況によっては回収不能な場合もあるため、あるからといって必ず安心というわけでないのでご注意ください。

ポイント4:1案件にまとめて投資は避け、資金を複数の案件に分散させる

ソーシャルレンディングは、複数のファンドに分散投資を行うことができます。

分散投資を行うことで、単一の案件による大きな損失を被るリスクを軽減できます。

例えば、それぞれ運用期間が12ヶ月で利回りが5%の「Aファンド」「Bファンド」「Cファンド」にそれぞれ100万円ずつ分散投資を行い、一年経った結果が下記のようだったとしましょう。

この場合「Aファンド」と「Bファンド」では利益が出ましたが、Cファンドは損失となりました。しかし、「Aファンド」と「Bファンド」で利益が出ていたので、合計ではプラスの利益となりました。

「Aファンド」:成功→5万円の利益(100万円×5%)
「Bファンド」:成功→5万円の利益(100万円×5%)
「Cファンド」:元本割れ(投資額の95%返済)→5万円の損失(100万円−100万円×95%)

ソーシャルレンディングで投資を行う際は、複数の案件に分散投資を心がけてください。

ポイント5:利回りが過度に高い案件は避ける

一般的にソーシャルレンディングで利回りが5%を超えてくるとハイリスク・ハイリターンといえます。

もちろん、海外案件などに投資して高いリターンを期待できるのがソーシャルレンディングの強みですが、その分リスクも高くなるのでご注意ください。

マネとも中の人

もしハイリスク・ハイリターンの案件に投資する場合は、例えばクラウドファンディング投資全体に300万円を投資している場合、その10%にあたる30万円以内で投資するなどのルールを個人で設定することを推奨します。

ポイント6:ファンドの運用期間は短期の方が良い

ソーシャルレンディングのファンドには、運用期間が数ヶ月の短期のものから2年以上の長期のものまであります。

基本的にプロジェクト単位でビジネスを行う場合、利益を獲得するまで2,3年はかかるため、ある程度長期の方が妥当性はあります。

しかし、事業者リスクや融資先の企業のリスクを考慮するとできるだけ短期の案件の方が元本償還までの期間が早いため安心できると思います。

ポイント7:他の事業者も利用して、倒産リスクを分散させる

ソーシャルレンディングには事業者リスクがあります。

活用するソーシャルレンディング事業者は分散させておきましょう。

ポイント8:余裕資金で投資しましょう!

一回投資を行ったら、基本的に途中で解約ができません。

そのため、生活とは関係のない余裕資金で投資を行うようにしましょう。

急にお金が必要になっても引き出せない可能性があります。

4.おすすめのソーシャルレンディング事業者一覧

ソーシャルレンディングを始める際は、事業者選びが重要です。

最後におすすめの事業者をご紹介します。

おすすめ事業者一覧
  • オルタナバンク
  • Funds
  • AGクラウドファンディング

順番に紹介しますね。

事業者1:高い利回りを期待できる「オルタナバンク」

オルタナバンクは、将来の目標利回りが変動しない世界中の案件に投資し資産運用ができるサービス。

海外案件などを中心に扱っており、比較的高い利回りを期待できます。

オルタナバンクの特徴まとめ
  • 2024年7月現在、元本償還率100%
  • 年率4〜12%程度の高いリターンを期待できる
  • 1万円という少額から投資ができる
  • 証券会社が運営しているため信頼感がある
  • 数ヶ月単位の短期運用の案件も豊富
  • 海外のヘッジファンドや大手銀行の社債など、案件のバラエティが豊富
オルタナバンクの運用状況(2024年7月1日更新)
運用総額(累計)34,957,750,000
ファンド数(償還済)416(292)
元本償還率100%
利回りが6%以上のファンド割合72.7%
※2024年4月30日時点までに募集を行ったファンドの実績
運用期間が1年未満のファンド割合68.7%
※2024年4月30日時点までに募集を行ったファンドの実績

オルタナバンクは2024年1月に償還予定の2ファンドが遅延(元本の償還が予定より遅れること)となりましたが、5月に運用が終了し元本と利益が返済されました。そのため、現在では元本償還率100%を維持しています。

あくまで過去の運用実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

まず、オルタナバンクは証券会社(第一種金融商品取引業者)が運営しています。

第一種金融商品取引業者のラインセンス維持には、第二種金融取引業者は不動産特定同事業者以上の厳しい条件が課されています。このことから企業としての信用力は第二種金融取引業者しか持っていないソーシャルレンディング事業者より高いと言えます。

また、投資先の案件のバラエティが国内外問わず多様です。

オルタバンク 一般的なソーシャルレンディング
国内事業
海外事業
※海外案件がない業者もある

また、分散投資によるリスク分散の側面で言うと、日本や不動産案件だけでなく海外を含めた様々な事業に分散した方がいいとも言えるので、この点でオルタバンクを活用するメリットがあります。

↓オルタバンクの詳細を今すぐ知る↓

最大11,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

事業者2:安心感で選ぶなら「Funds(ファンズ)」

Fundsはファンズ株式会社が運営する資産運用サービス。

Fundsの特徴まとめ
  • Fundsの融資先企業は信用度の高い企業に厳選されている
  • 2024年7月現在、元本割れ(貸し倒れ)なし
  • ファンド予約機能で効率的に投資ができる
  • 銀行預金より高い利回り(平均2%程度)
Fundsの運用状況(2024年7月1日更新)
運用総額(累計)66,999,100,000
ファンド数(償還済)444(284)
※10件早期償還
正常償還率100%
平均予定利回り2.17%
平均予定運用期間14ヶ月

あくまで過去の運用実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

最大の特徴は、融資先の企業が上場企業もしくはその関連企業に限定される点です。上場企業の倒産率は過去 15 〜 20 年ぐらいで0.03%程度と極めて低いため、返済の目処が立たない(元本を毀損する)可能性は低い傾向にあります。

ただし、その分期待できる利回りが低くなっています

また、ファンド予約機能があり、利回りや運用期間などの条件をあらかじめ設定しておくと、該当した商品が出てくると優先的に投資の機会が割り当てられます。ファンド予約機能を活用すれば、事前に投資枠を確保できるため、時間のない方にもおすすめです。

↓Fundsの詳細を今すぐ知る↓

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

事業者3:アイフルが運営する「AGクラウドファンディング」

AGクラウドファンディングを運営するAGクラウドファンディング株式会社は、東証プライム上場企業であるアイフルグループの100%子会社となっています。

アイフルグループは貸付事業を50年以上続けており、その豊富なノウハウを持ち合わせており、業績も安定しています。

AGクラウドファンディングの特徴
  • 相場に影響されず、ほったらかしで資産運用ができる
  • 50年以上の貸金業務歴を持つアイフルグループ(上場企業)が運営するので信頼感がある
  • アイフルにお金を貸す案件の利回りは低めだが高い元本保全性を期待できる
  • 6%程度の高利回りを期待できる案件もある
  • 2023年12月現在、元本割れ一切なし

↓AGクラウドファンディングの詳細を今すぐ知る↓

\会員登録だけで1,000円分のVプリカをプレゼント/

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

まとめ:ソーシャルレンディングではリスクの十分な理解を!

ソーシャルレンディングが危ないとされるには下記のリスクがあるからです。

  1. 事業者リスク
  2. 貸し倒れリスク
  3. 為替リスク

上記を踏まえて下記を参考に投資を行ってみてください。

リスク管理のポイント一覧
  • 信用できる事業者であるかを確認する
  • ファンドの情報をしっかり事前に確認する
  • 担保の確認を行う
  • 1案件にまとめて投資は避け、資金を複数の案件に分散させる
  • 利回りが過度に高い案件は避ける
  • ファンドの運用期間は短期の方が安心できる
  • 他の事業者も利用して、事業者リスクを分散させる
  • 余裕資金で投資をする

当記事が投資の際の参考になれば幸いです。

↓オルタバンクの詳細を今すぐ知る↓

ださい。

最大11,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

免責事項

本サイトにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。情報の掲載にあたっては品質管理に努めておりますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。金融商品及びサービスの最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。金融商品取引を行う際は、お取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等の書面の内容をしっかりお読みいただき、商品の特徴やリスク、取引の仕組み、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の判断と責任にて行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

感想等をシェアしていただけると幸いです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次