【経験談】ファンズ(Funds)をやってみた利回りをブログで口コミ

オードリーの春日さんが出演しているCMでも話題の堅実投資サービスの「Funds(ファンズ)」は投資家からクラウドファンディングでお金を集め、企業に融資(お金を貸す)する貸付投資のサービスです。

融資先の企業を上場企業及びその関連企業に絞っているため、安心感があると評判です。

Fundsの特徴まとめ
  • Fundsの融資先企業は信用度の高い企業に厳選されている
  • 2024年7月現在、元本割れ(貸し倒れ)なし
  • ファンド予約機能で効率的に投資ができる
  • 銀行預金より高い利回り(平均2%程度)

当記事では、そんなFunds(ファンズ)を実際にやってみた実績や感想をもとに評価を口コミします。

目次

当記事は投資に関連する一般的な情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。実際に投資される際はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いいたします。

1. 【毎月更新】Funds(ファンズ)をやってみた実績を公開!2024年最新

私もFundsで投資しており、具体的には下記の案件に投資しています。

案件名 期待利回り 運用想定期間 出資先(※) ステータス
五常・アンド・カンパニーマイクロファイナンス 2.50% 18カ月 国内未上場企業 運用中
ADワークスグループ不動産事業ファンド 2.00% 12ヶ月 国内上場企業 運用終了
ムゲンReal Estateファンド 1.70% 11ヶ月 国内上場企業 運用終了
プロパティ・テクノロジーズファンド 2.00% 12ヶ月 国内上場企業 運用中
リースバック「あんばい」ファンド 2.00% 12ヶ月 国内上場企業 運用中
ランドネットファンド 2.10% 11ヶ月 国内上場企業 運用中
ビットバンクファンド 2.70% 10ヶ月 国内未上場企業 運用中
ボルテックス区分所有オフィスファンド 2.20% 15ヶ月 国内未上場企業 運用中
ツクルバ cowcamo(カウカモ)ファンド 2.00% 11ヶ月 国内上場企業 運用中
ユーグレナヘルスケアファンド 2.00% 15ヶ月 国内上場企業 運用中
ウェルス・ラグジュアリー・ホテル・ファンド 2.20% 15ヶ月 国内上場企業 運用中

※上記投資案件の元本を保証するわけではありません。

※具体的な出資先企業名はFundsの公式サイトから閲覧できます。

着実に運用終了(元本返却と分配金獲得)した案件が増えています。

元本割れは一件もなく、堅実に分配金をもらえています

マネとも中の人

私個人としては4〜8%のミドルリターンが好みの投資家なのですが、Fundsの健全な審査基準を高評価しており、年利2〜2.5%の範囲内におさまるように分散投資をしています。

例えば、4〜8%の利回りを期待して投資しているオルタナバンクなどの他の業者の元本毀損リスクを軽減させるイメージで活用しています。

また、投資する企業も全て分散投資をして、リスク低減をおこなっています。

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

2. 公式サイトから引用!Funds(ファンズ)の運用実績と平均利回り

Fundsの運用状況(2024年7月1日更新)
運用総額(累計)66,999,100,000
ファンド数(償還済)444(284)
※10件早期償還
正常償還率100%
平均予定利回り2.17%
平均予定運用期間14ヶ月

あくまで過去の運用実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

元本割れを起こした案件は1つもありません。

全ファンドのうち半数以上がすでに償還(元本が返ってくること)されています。10件のみ早期償還(予定より早めに元本が戻ってくること)ですが、元本割れはしていないので優秀な成果と言えるでしょう。

マネとも中の人

元本割れを起こした案件がないのは素晴らしい運用成果と言えます。

おすすめの事業者「オルタナバンク」|正常償還率100%+好利回り

融資型クラウドファンディング投資では、事業者リスク分散の観点から複数の事業者の案件へ投資することを推奨しています。

ここでは、おすすめ事業者として「オルタナバンク」を紹介します。

オルタナバンクの特徴まとめ
  • 2024年7月現在、元本償還率100%
  • 年率4〜12%程度の高いリターンを期待できる
  • 1万円という少額から投資ができる
  • 証券会社が運営しているため信頼感がある
  • 数ヶ月単位の短期運用の案件も豊富
  • 海外のヘッジファンドや大手銀行の社債など、案件のバラエティが豊富

オルタナバンクの運用状況(2024年7月1日更新)
運用総額(累計)34,957,750,000
ファンド数(償還済)416(292)
元本償還率100%
利回りが6%以上のファンド割合72.7%
※2024年4月30日時点までに募集を行ったファンドの実績
運用期間が1年未満のファンド割合68.7%
※2024年4月30日時点までに募集を行ったファンドの実績

オルタナバンクは2024年1月に償還予定の2ファンドが遅延(元本の償還が予定より遅れること)となりましたが、5月に運用が終了し元本と利益が返済されました。そのため、現在では元本償還率100%を維持しています。

あくまで過去の運用実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

↓オルタナバンクの詳細を知る↓

最大11,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

3. Funds(ファンズ)をやって感じたメリットを口コミ

ここまでFunds(ファンズ)の実績についてみてきました。

Funds(ファンズ)が怪しい!貸し倒れや悪い評判はある?」の記事でも解説していますが、Funds(ファンズ)には下記のようなメリットがあります。

メリット
  • ほったらかしで安定した利益を期待できる
  • 1円から気軽に投資できるので始めやすい
  • 手数料はほぼゼロなので安心
  • 予約機能があるので投資が忙しい人でも投資できる

これらを踏まえて、当記事では実際にやってよかったメリットに絞って紹介します。

やって感じたメリット
  • 投資先の堅実性が高いので比較的安心して利用できる
  • 投資先の情報開示に信憑性があるので投資判断がしやすい
  • 短期運用の案件が多いので嬉しい
  • 予約機能が便利!募集前に画面前に張り付く必要がない

そもそもFundsの融資先企業は 、

  • 上場企業
  • 監査法人の監査を受けている企業
  • ベンチャーキャピタルから出資を受けている企業

など社会的な信用力の高い企業に限定されています。

これは社会的信用力の高い企業の方が責任ある経営を行うために、返済義務をしっかり全うするという考えからきています。

実際に複数の案件に投資していてわかりましたが、実はFundsは運用期間が1年未満の比較的短期の案件が多くなっています。利回りに関わらず、私は資金は短期で返ってきた方がありがたいので嬉しいメリットです。

また、融資先の企業の情報がしっかりみれる点もファンズの良さです。特に上場企業は開示資料に第三者の監査が義務となっているために、信憑性が高くなっています

マネとも中の人

未上場企業でも情報が開示されていることもありますが、監査がなかったりと開示情報の信用力が下がります。

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

4. Funds(ファンズ)をやって感じたデメリットを口コミ

一方で下記のようなデメリットも感じました。

やって感じたデメリット

利回りが少々物足りない

Fundsは堅実性が売りのプラットフォームです。

期待できる平均利回り2%程度と低めに設定されています。例えば、年間100万円と投資すると、得られる利益は年間で約2万円です。

そのため、堅実性重視かつある程度大きな資産を投資したいという方に適しています。より高いリターンを期待したい場合は、「オルタナバンク」などのプラットフォームを活用した方がいい可能性があります。

マネとも中の人

Fundsのようなソーシャルレンディング投資では元本割れを起こさないことが一番大切です。

利回りは低い方が一般的には元本毀損の可能性が下がります。この点に魅力を感じる方にFundsがおすすめです。

5. 初めての方必見!Funds(ファンズ)の投資で失敗しないためのポイント3選

Funds(ファンズ)は多くの投資家に人気のある資産運用手段ですが、運用成果の確実性を保証するものではありません。元本割れリスクも相応にあります。

そのため、ここではFunds(ファンズ)での資産運用において留意すべき3つのポイントを詳しく解説します。

投資ポイント
  • ① 貸付ファンドの情報を事前にしっかり確認する
  • ② 複数のファンドに分散投資を行う
  • ③ 余裕資金で投資を行う

ポイント1:貸付ファンドの情報を事前にしっかり確認する

貸付をするという判断を最後に下すのは、あなたです!そのため、貸付ファンドの情報をあなた自身でしっかり確認しなくてはいけません

Fundsでは「諸条件」にて、貸付ファンドの詳細情報を閲覧できます。

貸付ファンドは、募集が開始される一定期間(一週間ほど)前に詳細情報が公開されます。

「担保・保証」はファンドの保全性をみる上で、重要な項目です。ただ、Fundsでは借り手企業が事業で想定したリターンを得られない場合でも、ファンド組成企業に対して返済義務があるので「借り手企業が信用できるか」という点がもっとも重要です。

ポイント2:複数のファンドに分散投資を行う

Fundsは、1つの口座から複数の貸付ファンドに分散投資を行うことができます。

分散投資を行うことで、いざというときに大きな損失を被るリスクを軽減できます。

例えば、それぞれ運用期間が12ヶ月で利回りが5%の「Aファンド」「Bファンド」「Cファンド」にそれぞれ100万円ずつ分散投資を行い、一年経った結果が下記のようだったとしましょう。

この場合「Aファンド」と「Bファンド」では利益が出ましたが、Cファンドは損失となりました。しかし、「Aファンド」と「Bファンド」で利益が出ていたので、合計ではプラスの利益となりました。

「Aファンド」:成功→5万円の利益(100万円×5%)
「Bファンド」:成功→5万円の利益(100万円×5%)
「Cファンド」:貸し倒れ(貸付額の95%返済)→5万円の損失(100万円−100万円×95%)

このように分散投資を行えば、リスクを分散できます

マネとも中の人

私の運用情報でも紹介していますが、私は比較的少額で複数の案件に分散投資をしてリスクを軽減しています。

Fundsはデポジット口座にドカンと預けておけば、それ以降は入金せずにデポジット口座ないから投資ができるのが良い点です

ポイント3:余裕資金で投資を行う

一回投資を行ったら、基本的に途中で解約できません。

そのため、生活とは関係のない余裕資金で投資を行うようにしてください。

6.お得に口座開設!Funds(ファンズ)2024年の最新キャンペーン情報

なら!

  • 初めての口座開設だけで最大3,000円分(抽選)のAmazonギフトカード

キャンペーンを使ったファンズのお得な始め方の詳細は下記記事に全てまとまっています。

キャンペーンを利用する上での注意点失敗しない会員登録の方法、実際の運用開始までの流れを全て図解で丁寧に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

Funds(ファンズ)やってみたまとめ

Funds(ファンズ)を実際にやってみた感想について執筆しました。

やって感じたメリット
  • 投資先の堅実性が高いので比較的安心して利用できる
  • 投資先の情報開示に信憑性があるので投資判断がしやすい
  • 短期運用の案件が多いので嬉しい
  • 予約機能が便利!募集前に画面前に張り付く必要がない
やって感じたデメリット

利回りが少々物足りない

Funds(ファンズ)は、高いリターンを期待できるサービスですが、それ相応のリスクもあります。

下記3点をしっかり確認しながら、投資判断を行なってください。

  • ① 貸付ファンドの情報を事前にしっかり確認する
  • ② 複数のファンドに分散投資を行う
  • ③ 余裕資金で投資を行う

その際、この記事が参考になれば幸いです。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

<補足①>Fundsの失敗しない新規会員登録(口座開設)の方法

手続きの流れは以下の4STEPで進めていきます。

当記事の通りにファンズ公式で新規会員登録していただくと失敗せずファンズを始められます。

口座開設手順
  • (1)公式サイトからFundsの会員登録を行う
  • (2)個人情報を入力
  • (3)本人確認書類をアップロード(eKYC)
  • (4)メールを受け取って会員登録完了!

必要な手続きは最短数分で完了するので、とっても簡単です。

(1)公式サイトからFundsの会員登録を行う

まずはこちらから公式サイトに移動し、「ファンズの口座開設をする」をタップしましょう!

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

メールアドレスとログインパスワードを入力して、アドレスの確認をすると完了です。

「口座開設」を行っていきましょう!

(2)個人情報を入力

ここからは具体的な口座開設の手順について説明します。

「個人名義」か「法人名義」か選択。今回は、個人名義で口座開設していきます。

基本的には、名前や住所、投資家適合性、出金口座などを入力して行くだけです。

※途中でやめたいときは右上の「保存して閉じる」を押しましょう!

個人情報の入力が終わったら、重要書類への同意を行います。こちらの資料は後ほど、登録したメールアドレスにも送られます。

(3)本人確認書類をアップロード(eKYC)

QRコードが送信されるので、携帯で読み取って本人確認を行います。

オンライン本人確認サービスeKYCを活用すれば、最短1営業日で審査まで終わるためにおすすめです。

まずは、本人確認書類の撮影から行います。

  • マイナンバーカード(推奨)
  • 運転免許証(別途マイナンバーが必要)

加えて、顔写真の撮影とリアルタイムチェックをガイドの通りに行います。

(4)メールを受け取って会員登録完了!

本登録後、数日(最短1営業日)で審査完了のメールが送信されますの会員登録は完了です。

これにて口座開設は完了です。

口座開設だけで最大3,000円分の
Amazonギフト券プレゼント

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

免責事項

本サイトにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。情報の掲載にあたっては品質管理に努めておりますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。金融商品及びサービスの最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。金融商品取引を行う際は、お取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等の書面の内容をしっかりお読みいただき、商品の特徴やリスク、取引の仕組み、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の判断と責任にて行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

感想等をシェアしていただけると幸いです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次