ネット証券で新NISA(旧:積立NISA)とウェルスナビのおまかせNISAの違いは?どっちがよい?併用はどう?

これから資産運用を始めたい人がよく耳にする

  • ネット証券等で新NISA(旧:積立NISA)
  • ウェルスナビのおまかせNISA

どちらがご自身に適しているか判断することが重要です。

そもそもNISAはNISA口座内での売却利益や配当/分配金に対して一切税金がかからない(非課税)で運用できる国の制度です。資産形成においで多大な恩恵があるので、ぜひ活用を検討したいです。

SBI証券や楽天証券などほぼ全てのネット証券でNISA口座を開設することが可能です。

一方で、おまかせNISAはNISA制度に対応したウェルスナビのサービス名称です。ウェルスナビでNISA口座(お任せNISA)を開設すると運用の全てをお任せできるのが特徴です。

どちらを選ぶかは目的に応じて考える必要があります

この記事では、ネット証券等でNISAとウェルスナビのおまかせNISAどっちがいいのかについて、違いを比較し、併用についても解説します。

キャンペーンを活用したおまかせNISAのお得な始め方
タイアッププログラム、1,000円プレゼント

今なら当サイトからの新規口座開設+10万円以上の入金で1,000円がプレゼントされる「マネとも×ウェルスナビ タイアッププログラム」を実施中。

上記キャンペーンを活用することで下記の特典を得られます。

  1. 当サイト経由でおまかせNISAを始めて「タイアッププログラム」と「積立開始プログラム」を適応し、現金1,500円以上もらう

さらに8月30日まで限定!1万円以上の入金で抽選4,500名に最大5万円があたる太っ腹なキャンペーンも実施中です!

マネとも中の人

新NISA口座を開設して運用すると抽選口数がなんと50倍!ウェルスナビでNISAを利用しようと考えている方には大チャンス。

↓今すぐお得な始め方を知る↓

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※ウェルスナビ公式とおまかせNISA公式は同じです。
※サービス内容やキャンペーン条件は公式サイトで必ずご確認ください。

目次

当記事は投資に関連する一般的な情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。実際に投資される際はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いいたします。

1. ネット証券で新NISA(積立NISA)のメリット・デメリット解説

そもそもNISAとは?

(引用:金融庁)

NISA(旧:つみたてNISA)は、NISA口座内での売却利益や配当/分配金に対して一切税金がかからない(非課税)で運用できる国の制度です。

日本国内に住んでいる18歳以上の方なら誰でもNISA口座を開設できます。

(引用:金融庁)

概要を簡単に表でまとめました。

スクロールできます
現行(新しい)NISA
つみたて投資枠成長投資枠
非課税期間無期限
年間の非課税枠120万円240万円
生涯の非課税枠1800万円
※成長投資枠だけの場合1200万円まで
投資できる商品金融庁の基準を満たした投資信託投資信託・個別株式
現行(新しい)NISA概要表
NISAの特徴まとめ
  1. つみたて投資枠と成長投資枠がある
  2. それぞれ投資できる商品と年間上限金額が違う
  3. 非課税枠の上限は合計1,800万円まで
  4. 非課税期間は無期限

ネット証券でNISA口座を開設するメリット・デメリット

(引用:楽天証券)

ネット証券でNISA口座を開設するとNISAが持つ全ての恩恵を享受することができ、具体的には下記のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
・投資信託だけでなく、株にも投資できる
知識があれば効率的な運用が可能
デメリット
・資産運用方針投資する銘柄を自分で選ぶ必要がある
・制度が複雑で上手に活用するのが難しい

新NISAの良い点は、投資できる金融商品が株や投資信託と幅広いことです。そのため、ご自身で投資戦略を組める方なら、効率的な運用運用をすることができます

一方、ネット証券等でNISA口座を開設して資産運用を行う場合、基本的にはご自身で投資する銘柄を選定する必要があります。

また、つみたて投資枠と成長投資枠それぞれで投資できる商品や金額が違うため、知識がないと制度を有効活用しきれない可能性があります。

2. ウェルスナビのおまかせNISAのメリット・デメリット解説

おまかせNISAは、ウェルスナビのNISA口座対応サービスの名称です。

NISAのメリットを活用しながら、長期的な資産形成に適した資産運用を全自動で行ってくれるサービスです

具体的には、投資する際に時間や手間のかかる「資産運用方針の決定・銘柄の選定・売買・メンテナンス」をすべて自動でしてくれるので、忙しい人でも簡単に資産運用を始められます

ウェルスナビのように資産運用を全ておまかせでしてくれるサービスをロボアドバイザーと言います。

数あるロボアドバイザーの中でも預かり資産残高1.2兆円(※1)かつ運用者数39万人以上(※2)、それぞれロボアドバイザーNo.1(※3)です。

※1 2024年5月10日時点
※2 2024年3月31日時点の運用者数
※3 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2023年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(2023年12月時点)

<おまかせNISAの概要>

企業名ウェルスナビ株式会社
※東証グロース市場上場企業(7342)
預かり資産手数料
0.693〜0.733%
(現金部分を除く、年率、税込)
※新しいNISA口座で自動積立のみで入金した場合
投資商品の保有コスト年率0.08〜0.13%
※ETFの信託報酬
手数料割引
50万円~200万円未満:6か月毎に-0.01%
※200万円以上 :6か月毎に-0.02%
(年率,税込)
最低投資金額1万円
最低積立金額1万円〜
入金手数料クイック入金対応銀行の場合無料
出金手数料無料
メリット
複雑なNISA口座での運用を全ておまかせできる
・ウェルスナビの通常口座で運用するより手数料がお得になる

最大のメリットは、複雑なNISA口座での取引を全ておまかせできる点。必要なのは簡単な診断と入金だけ

誰でも知識なしに長期的な資産形成のための資産運用を始めることができます

また、ウェルスナビの通常口座で運用するより手数料が割安に(※新しいNISA口座で自動積立のみで入金した場合)なります。

そのため、すでにウェルスナビで運用している方にもメリットがあります。

デメリット
・ウェルスナビ以外の金融商品に投資できない
おまかせするので手数料が発生する

デメリットとして、一般的なネット証券でNISA口座を開設した場合と比べて、ウェルスナビが自動的に買い付ける金融商品以外に投資できない点です。

例えば、株式には投資することができません。

また、運用をウェルスナビにおまかせする代わりに手数料が必要になります。

ご自身で投資を行えば必要ない手数料なので、知識がある方からすれば割高に感じる傾向があります。

3. ネット証券でNISAとウェルスナビのおまかせNISAの違いを比較

ここからは、ネット証券等でNISA口座を開設する場合とウェルスナビのおまかせNISAの違いを深掘りしていきます。

違いの比較要素おまかせNISA(ウェルスナビ)ネット証券でNISA
始めやすさ入金のみ入金+銘柄選びが必要
選べる金融商品の数ウェルスナビの商品のみ投資信託・個別株式
最低投資金額1万円〜100円〜
手数料0.693〜0.733%
(現金部分を除く、年率、税込)
※新しいNISA口座で自動積立のみで入金した場合
※別途投資商品の保有コスト(信託報酬)年率0.08〜0.13%が必要
なし
※投資信託に投資する場合、別途投資商品の保有コスト(信託報酬)が必要
ポイント利用不可ネット証券によっては可能

ウェルスナビのおまかせNISAの良い点は圧倒的な始めやすさにあります。

ネット証券等でNISA口座を利用する場合、ご自身での投資戦略の立案や銘柄選定が必要になります。

おまかせNISAなら簡単な診断と入金さえ行えば、あとは自動的に長期的な資産形成に適した資産運用を簡単に始められます。

一方で、おまかせNISAの場合、おまかせする代わりに手数料が別途発生します。

また、幅広さや効率性なら、ネット証券等でNISA口座を開設した方が有利です。

幅広い投資信託銘柄や株式銘柄から自分の投資したい商品に投資することができます。手数料も必要ありません。

また、おまかせNISAが最低1万円からに対して、ネット証券のNISA口座なら最低100円から始めることができます。

ネット証券によってはポイントで投資できる場合もあるので、ポイントを貯めている方はお得に投資できる可能性があります。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※ウェルスナビ公式とおまかせNISA公式は同じです。
※サービス内容やキャンペーン条件は公式サイトで必ずご確認ください。

4. ネット証券でNISAとウェルスナビのおまかせNISAどっちがおすすめ?

それぞれ運用目的によってはおすすめの人が変わります

それぞれ、おすすめの人
  • 自身に最適なリスクで安定的に資産運用したい
    →ウェルスナビのNISA口座(おまかせNISA)で資産運用
  • 投資に自信が無い投資未経験
    →ウェルスナビのNISA口座(おまかせNISA)で資産運用
  • 手数料をかけずに効率よく資産運用したい
    →ご自身でネット証券等を活用してNISA口座で資産運用
  • リスクを取ってでも高リターンを期待したい
    →ご自身でネット証券等を活用してNISA口座で資産運用

なぜこう言えるのかに解説します。

スクロールできます
おまかせNISAで資産運用ネット証券等でNISA口座を開設して資産運用
リターンの安定性
リターンへの期待度
リスク(値動きの変動幅)低〜中
※診断時のリスク許容度により変動
知識があればコントロール可能だが、大きくなりがち
おまかせNISAとNISAの比較表

注目すべきポイントは、下記にあります。

  • リスク(値動きの変動幅)

違い:リスク(値動きの変動幅)について

安定的な資産運用を期待する場合、ウェルスナビのように個人に最適な資産運用を提案してくれるサービスを利用する方法がおすすめです。

例えば、ネット証券等で資産運用をする際の人気銘柄(投資信託)として、米国の株価指数S&P500に連動する「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」などの投資信託があります。S&P500に連動する銘柄は、過去の運用成績が高いことから人気です。

しかし、S&P500銘柄に投資した場合、「米国だけ」「株だけ」と集中投資になってしまう可能性があります。

高いリターンを期待できる一方で、銘柄の資産配分に偏りがあり、金融危機による下落が起きた際、大きな損失を抱える可能性があります

<S&P500はコロナショックで約40%下落した>

(引用:https://jp.investing.com/indices/us-spx-500-chart)

マネとも中の人

銘柄選定に自信がない人がいきなりマイナス40%になると、不安になり、途中で投資を止めてしまいますよね。

下記はウェルスナビとS&P500のリスク水準(想定)の比較です。

<リスク水準(想定)の比較>

リスク水準
ウェルスナビ リスク許容度1約8.5%
ウェルスナビ リスク許容度2約10.3%
ウェルスナビ リスク許容度3約12.4%
ウェルスナビ リスク許容度4約14.4%
ウェルスナビ リスク許容度5約15.5%
S&P500約18.0〜22.0%

S&P500の方がウェルスナビよりもリスクが高くなっています。

これはウェルスナビが、株だけでなく、債券や金、不動産といったさまざまな資産にバランスよく分散し、個人に合わせて投資の値動きの大きさ(リスク)を調整しているからです。

そのため、おまかせNISAは、何をどれくらい売ったり買ったりしたらよいか、個人で悩む必要がないだけでなく、ご自身に適したリスクで、安定した資産運用ができます。

しかし、ウェルスナビのNISA口座で資産運用する場合は、手数料として年率0.693〜0.733%(年率、税込)がかかります

手数料をかけずに資産運用をしたい方は、ネット証券等でNISA口座を開設して、ご自身で資産運用するのがおすすめです。

おまかせNISAはいつ始めるべき?

始めるべき時期はいつでも大丈夫と考えています。

ウェルスナビのようなおまかせ資産運用サービスでは、長期的な資産運用が重要です。

なぜなら、長期で運用するほど、リスクの大きさが安定化する傾向にあるからです。

また、毎月などの定期でコツコツを投資資金を増やす積立投資の利用もおすすめです。

なぜなら、積立投資を行うことによって、高値掴みのリスクを分散し、安定的に資産運用を行える可能性が高くなるからです。

そのため、いつ始めるはさほど重要ではなく、

  • 長期投資を行う
  • 積立投資を行う

ことによって、いつ始めても安定的な資産運用ができる可能性が高い傾向にあります。

今なら当サイトからの新規口座開設+10万円以上の入金で1,000円がプレゼントされる「マネとも×ウェルスナビ タイアッププログラム」も実施中です。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※ウェルスナビ公式とおまかせNISA公式は同じです。
※サービス内容やキャンペーン条件は公式サイトで必ずご確認ください。

5. ネット証券でNISAとウェルスナビの併用はあり?

基本的には併用はおすすめしません。なぜならNISA口座の非課税メリットが大きいからです。

そのため、まずはNISA口座の投資枠を全て埋めることに専念した方がいいと考えます。

パフォーマンス重視なら「ROBOPRO(ロボプロ)」がおすすめ

ROBOPROの特徴まとめ
  • AIの予測データを活用した運用戦略
  • 相場の下落から資産を守りつつ安定的な資産運用を期待できる
  • 金融庁公表!2022年末までのロボアドバイザー運用実績No.1
  • 2020年1月15日から2024年2月末までの運用実績+68.84%(年率約14%)
  • 筆者も4年以上投資して+40.9%の運用実績(2024年7月1日更新)

筆者の運用実績(2024年7月1日更新)を表示する

下記は、ROBOPROと一般的なロボアドバイザー(ウェルスナビなど)の違いを簡潔にまとめた表です。

スクロールできます
ROBOPRO一般的なロボアドバイザー
AIの活用
リターンへの期待度
値動きの大きさ相場の状況に合わせて変動個人のリスク許容度に合わせて変動
ROBOPROと一般的なロボアドバイザーの比較

ROBOPROを活用した併用投資アプローチ

好パフォーマンスのROBOPROですが、現在の運用分析を元にした投資アプローチをご紹介します。

ROBOPROを人気銘柄S&P500やオルカン(全世界株式)、一般的なロボアドバイザー(ウェルスナビ、THEO等)などと併用することで、安定的な資産運用を期待できる可能性があります。

実際に筆者もこれを期待して併用投資を行っており、ROBOPROを続けている理由です。

この根拠は、S&P500やオルカン、一般的なロボアドバイザー株式中心の資産配分を提供している中、ROBOPROは全く別の運用方針をとっている点にあります。

 ROBOPROの2024年7月の資産配分と運用方針

今月のROBOPROの資産配分は、「債券、金、不動産」のみに投資した資産配分となっています。

今月の運用方針の総評

米国債券と金を計5割保有し警戒感を高めながらも、不動産の反発に期待している。

ROBOPRO一般的なロボアド
※ウェルスナビリスク許容度5の場合
オルカンS&P500
米国株0%39.0%100%100%
日欧株0%33.9%0%
新興株0%12.1%0%
債券29.1%5.0%0%0%
22.9%5.0%0%0%
不動産47.8%5.0%0%0%
ROBOPROの直近6ヶ月の投資配分の推移を見る

市況の変化に合わせるために、ROBOPROは投資配分の変更を基本的に月一回行っています。これによって、今の相場に最適なポートフォリオ(投資配分)に更新されます。

実際、不動産資産は年初来上昇基調を続ける株式と比較して割安感が相対的に高まっています

理想的な資産運用に対する考え方

安定的に資産形成をするために理想的な資産運用は下記と考えています。

理想的な資産運用
  • 景気が悪い場合、リスクの低い資産(債券・金)を増やし資産の下落を抑制する
  • 好景気の場合、リスクの高い資産(株・不動産)を増やしっかり上昇の波に乗

そのため、株式市場がいつも好調でないことを考慮し、S&P500やオルカン、一般的なロボアドバイザー(ウェルスナビ等)など株式中心の金融商品と、それとは異なった運用アプローチを行うROBOPRO」を併用することで

  • 下落局面で資産の下落を抑制しつつ、
  • 上昇局面でも好リターンを期待でき、
  • 結果として、安定的な資産運用ができる

可能性があると考えます。

あくまで個人の考えであり、当運用手法は将来の運用成果を保証するものではありません。

比較違いまとめ

それぞれ、おすすめの人
  • 自身に最適なリスクで安定的に資産運用したい
    →ウェルスナビのNISA口座(おまかせNISA)で資産運用
  • 投資に自信が無い投資未経験
    →ウェルスナビのNISA口座(おまかせNISA)で資産運用
  • 手数料をかけずに効率よく資産運用したい
    →ご自身でネット証券等を活用してNISA口座で資産運用
  • リスクを取ってでも高リターンを期待したい
    →ご自身でネット証券等を活用してNISA口座で資産運用

最後に資産運用で最も重要なことは「投資を続けること」で、短期間で大きな利益が上がるわけではありません。

「自分のライフスタイルで何を優先するのか?」「毎月の収入から投資に使える金額はいくらか?」など、長期投資をする上での目的に沿った利用方針を決めて、それに合った商品やサービスを選ぶことが大切です。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※ウェルスナビ公式とおまかせNISA公式は同じです。
※サービス内容やキャンペーン条件は公式サイトで必ずご確認ください。

免責事項

本サイトにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。情報の掲載にあたっては品質管理に努めておりますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。金融商品及びサービスの最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。金融商品取引を行う際は、お取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等の書面の内容をしっかりお読みいただき、商品の特徴やリスク、取引の仕組み、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の判断と責任にて行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

感想等をシェアしていただけると幸いです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次